2014年11月17日

今日の一枚 その68:野獣とスペースレンジャー

入江茂弘(DDT)はディズニー作品の愛好家ですが、
それが相まって、コスチュームや技にもそれが
うかがえます。

ts_141117_01.jpg
入場時の甲冑がマイナーチェンジした際には、
『美女と野獣』の野獣をモチーフとした毛皮や
しっぽが付けられました。

ts_141117_02.jpg
また、得意技のクローズライン(ラリアット)は、
本人いわく「ばってんボンバー」の名前で
しばらく使用していましたが、この"野獣化"に
ともなって「ビーストボンバー」に名前を改め、
現在も必殺技のひとつとして使用しています。

同様に、杉浦透(FREEDOMS)もディズニー作品から
コスチュームと技を取り入れています。

ts_141117_03.jpg
DEPから移籍後はほとんど使用していませんが、
『トイ・ストーリー』の主人公のひとり、
バズ・ライトイヤーの宇宙服をイメージした
カラーリングのコスチュームです。

ts_141117_04.jpg
そして、杉浦がここぞ、という時にしか出さない
奥の手、スパニッシュ・フライに、バズの決めセリフ
「無限の彼方へさあ行くぞ」の名を付けています。

入江はディズニーアニメーションスタジオの作品、
片や杉浦はピクサーアニメーションスタジオと、
同じディズニー作品からの要素を取り入れる共通点は
あっても、異なるスタジオ制作なのが面白いです。


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 22:56| Comment(0) | 今日の一枚

2014年11月16日

今日の一枚 その67:いつかまためぐり逢う

プロレスは路上マッチやマットなどの特殊形式もありますが、
原則はリングの上で行われます。
リングはプロレスを象徴するものと言っても過言ではありません。

リングを保有していない団体が興行を行う場合は、リング
常設会場で行うか、あるいは「リング屋」と呼ばれる業者や
保有する団体から借りて行う必要があります。

そのリングですが、鉄柱などが多く使われるため、決して
安価なものではないため、しばしば中古のリングが出回り、
それが人の手を渡り歩くことがあります。

ts_141116_01.jpg
スポルティーバアリーナ(閉鎖)で使われていたリングは、
新日本プロレスが実際に使用していたものです。

同会場は、新日本プロレスのグッズ店闘魂SHOP名古屋店の
跡地に出来たものですが、闘魂SHOP開店時に新日本で
使われなくなったリングが、店舗の大きさに合わせて
小さく切って搬入・設置されました。

居抜き出店の形で、スポルティーバアリーナが開店し、
でら名古屋プロレスの開始に伴い、リングとして本格的に
再使用されることとなりました。
スポルティーバに後にエル・サムライが入団することを
考えると、奇妙な縁なのかもしれません。

ts_141116_02.jpg
また、先日の一宮プロレスで使われたリングは中古の
ものですが、元をたどるとIWAジャパンとのことです。

この日、負傷中の高井憲吾がリング上であいさつを
していますが、高井はDDT所属時に、練習が無い時は
IWA柏道場でも練習をしていたため、15年以上の時を
経て、また同じリングの上に立ったことになります。

プロレスにおいては、離れた選手同士が再び巡り会う
ことが時折ありますが、リングと選手が邂逅することも
目には見えませんが少なくはないのかもしれません。


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 23:24| Comment(0) | 今日の一枚

2014年11月15日

今日の一枚 その66:流れる汗もそのままに

プロレス会場で、ミュージシャンによる生演奏や生歌が
披露されることがあります。

ts_141113_01.jpg
2012年のDDT日本武道館大会では、サンプラザ中野くんが
同会場を舞台にした曲『大きな玉ねぎの下で』を興行の
オープニングとエンディングでバージョンを変え二度
歌っています。

ts_141113_02.jpg
また、翌年のDDT両国大会では入江茂弘がデビュー以来
入場曲に使う『タチムカウ 狂い咲く人間の証明』を
筋肉少女帯の生演奏でリングへ向かっています。

その入江が生歌(らしきもの)で入場したのは、これが
初めてではなく、2010年が最初でした。

ts_141113_04.jpg
鎌倉一番プロデュース興行で登場した、入海道弘一が
その最初です。

ts_141113_03.jpg
元ネタの脇海道弘一(東海プロレス)は、入場曲に
『Runner』(爆風スランプ)を使用しており、
サンプラザ中野くんに扮した柴山貴哉が
歌マネをする気合の入りようでした。

入江はその2ヶ月後にDDTへ"留学"の形で活動の拠点を
移し、後に移籍しますが、その数年後にパロディ元の
生歌を武道館で聴くことになるのです。

関連する観戦記
8/18 DDT 「武道館ピーターパン〜DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP〜」 日本武道館
オープニング

8/17 DDT 「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」 両国国技館
7:スペシャル6人タッグマッチ
入江茂弘 石井慧介 高尾蒼馬 vs HARASHIMA KUDO ヤス・ウラノ

1/30 鎌倉一番プロデューストゥーマッチ興行
ランブル戦

(リンク先は試合途中から。最初からはこちら)


スポンサーリンク

タグ:DDT 入江茂弘
posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚