2014年12月28日

12/21 琉球ドラゴンプロレス(沖縄)

2014年12月21日に、沖縄市・ミュージックタウン音市場で
開催された、 琉球ドラゴンプロレス 「KOZA BATTLE FESTA4」
を観戦しました。

沖縄プロレスが沖縄での定期興行を終了した後に、同団体に
所属していたグルクンダイバー(現:グルクンマスク)が
沖縄のプロレスの火を絶やさないために設立した団体です。

通常は沖縄県嘉手納町の常設会場カデナアリーナで定期的に
興行を行っていますが、沖縄市でのビッグマッチも開催して
おり、その第4回大会となりました。

rdpw_141221_1489.jpg
全5試合が行われ、第3試合ではハイビスカスみぃが負けた
場合は、スーパーマンタロウと結婚、またマンタロウが負けた
時には引退、という条件の試合が行われました。

この試合には、パンクラスフライ級王者(2014年12月28日時点)
の砂辺光久も出場しています。

rdpw_141221_2398.jpg
セミファイナルでは、デビュー前からグルクンマスクの"中の人"と
関わりのある、入江茂弘が出場し、琉球ドラゴンプロレスの
新人のひとり、首里ジョーとシングルマッチで対戦しました。

rdpw_141221_2941.jpg
メインイベントでは、天龍源一郎が出場し、大きな存在感を
見せました。天龍の体格の大きさがひときわ目立ちました。

また、興行の最後ではカデナアリーナでのビッグマッチ開催と、
ゲスト選手も発表されています。

観戦記はすでにアップロードずみです。

12/21 琉球ドラゴンプロレス 「KOZA BATTLE FESTA4」 沖縄市・ミュージックタウン音市場





posted by たこ焼きマシン at 19:27| Comment(0) | 観戦記録

2014年12月16日

12/14 鳥取だらずプロレス(鳥取県)

2014年12月14日に、鳥取県倉吉パープルタウンで開催された
鳥取だらずプロレス「だらずマニア2014」を観戦しました。

同団体は、東京歯科大学の学生プロレスラーだった、
現在歯科医師の珍獣サンダーライガー(現在は素顔)とGを
中心に活動とする、鳥取県拠点の社会人プロレス団体です。

全5試合が行われ、第1試合ではGとの敗者マスク剥ぎマッチで
負けた橋本康平が、獣神サンダー・ライガーのコピー選手から
心機一転し、素顔での再デビュー戦を行いました。

が、『爆勝宣言』に乗って入場し、橋本真也のコピー選手と
して再デビューを果たしています。

drz_141215_0940.jpg
第2試合では、鳥取出身の太田プロ所属芸人で、西口ドアなどで
試合をしている、棚ボタ弘至が入った8人タッグマッチが
行われています。また、この試合では実の夫婦である
藤原卓也と大塚りんが、息子の前で戦いを繰り広げました。

第3試合では山陰レスリング同盟認定のタッグ、続く
セミファイナルではシングルのタイトルマッチが
行われました。

これらのタイトル戦を押さえて、メインイベントでは
因幡のバッファロー(元大阪プロレスのブラック・バファローが、
鳥取だらず所属として戦う場合のリングネーム)が、
Gとシングルマッチで対戦しています。

drz_141215_2753.jpg
試合は、G側のヒール軍が幾度も介入する荒れた展開と
なりました。また、試合後に棚ボタが連れてきたという
大柄の男がヒール軍を蹴散らし、来年への流れが
生まれました。

観戦記はすでにアップロードずみです。

観戦記
12/14 鳥取だらずプロレス 「ダラズマニア2014」 鳥取・倉吉パープルタウン

外部リンク
鳥取だらずプロレス facebook
古川歯科(Gの"中の人"の歯科医院。ドクター紹介に経歴あり)




posted by たこ焼きマシン at 20:10| Comment(0) | 観戦記録

2014年12月05日

12/3 欠場プロレス

2014年12月3日に大阪市・浪速区民センターで開催された、
欠場プロレス「東名阪ツアー2014」を観戦しました。
東名阪ツアーの最終日です。

旗揚げ史上初の、リングではないマットを使用した
大会となり、また会場は史上最大の規模となりました。

ktp_141203_0288.jpg
ゲスト参戦選手として、くいしんぼう仮面、織部克巳、
HARU。の3名、リングアナは宮尾信次郎氏が担当し、
大阪プロレスの平日興行を思わせる要素もありました。

また、次世代の高井憲吾を決める「フーイズタカイ」では
佐藤悠己が今までに続き、ツルタ(一般人)に負けています。

この日のツルタは、元大阪プロレスの橘隆志で、偶然ながら
ディック東郷の薫陶を受けた者同士の戦いとなりました。

ktp_141203_0864.jpg
その他の演目としては、旗揚げ興行で行われ好評を呼んだ
「リアルファイプロマッチ」が行われ、高井と丸山が
お互いのエディット選手同士で戦っています。

ktp_141203_1628.jpg
そして最後の宇宙戦争では、織部克巳がガンタンク、
KCレフェリーがガンキャノンに登場して、今まで建造
されたホフ専用ズゴック史上、最大のズゴックを
迎え撃っています。

ktp_141203_1727.jpg
また大きな会場のため、ズゴックは二階部分に設置され、
それを一階部分から、観客により構成された民兵が
砲撃戦を挑んだ後、特殊形式の占領戦へ移行しています。

観戦記は後日観戦記サイト「たこ焼きマシン.com」に
アップロード予定です。



スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 17:43| Comment(0) | 観戦記録