2014年11月23日

今日の一枚 その74:失われしもの

日本国内ではピーク時ほどの規模・興行数はありませんが、
総合格闘技がジャンルとして確立しています。

異なるバックボーンを持つ選手同士が、できる限り公平に
戦うことができるようにルールを策定するのが、
総合格闘技のひとつの理念でしたが、それ以前には
プロレスのリングで異なる格闘技同士が戦う、
異種格闘技戦が行われていました。

1ラウンド3分など、基本的骨子はありましたが、
総合格闘技とは異なり、対戦する競技同士を融和
させるために試合の度にルールが決められたのが
特徴のひとつです。

名古屋の団体でも、異種格闘技戦が行われたことが
あります。それは以外にも、2009年3月に開催された
プロレス実験団GUYZの興行においてでした。

「ヨガ vs 剣道」となった試合は、ヨガ代表の
小仲=ペールワンと、剣道代表のケンドー三段が
戦うこととなりました。

ts_141123.jpg
リーチに優るケンドーに対し、ペールワンは
普通の剣道では使われない片足タックルで
グラウンドに引きずり込みました。

ペールワンは普段の興行でも柔術や総合の動きを
時折見せることがありますが、コミカル色の強い
GUYZの試合の中であっても、その技術の高さを
垣間見せたのです。

関連する観戦記
3/28 プロレス実験団GUYZ Sporiva Arena
ケンドー三段 vs 小仲=ペールワン



スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 23:02| Comment(0) | 今日の一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: