2014年11月15日

今日の一枚 その66:流れる汗もそのままに

プロレス会場で、ミュージシャンによる生演奏や生歌が
披露されることがあります。

ts_141113_01.jpg
2012年のDDT日本武道館大会では、サンプラザ中野くんが
同会場を舞台にした曲『大きな玉ねぎの下で』を興行の
オープニングとエンディングでバージョンを変え二度
歌っています。

ts_141113_02.jpg
また、翌年のDDT両国大会では入江茂弘がデビュー以来
入場曲に使う『タチムカウ 狂い咲く人間の証明』を
筋肉少女帯の生演奏でリングへ向かっています。

その入江が生歌(らしきもの)で入場したのは、これが
初めてではなく、2010年が最初でした。

ts_141113_04.jpg
鎌倉一番プロデュース興行で登場した、入海道弘一が
その最初です。

ts_141113_03.jpg
元ネタの脇海道弘一(東海プロレス)は、入場曲に
『Runner』(爆風スランプ)を使用しており、
サンプラザ中野くんに扮した柴山貴哉が
歌マネをする気合の入りようでした。

入江はその2ヶ月後にDDTへ"留学"の形で活動の拠点を
移し、後に移籍しますが、その数年後にパロディ元の
生歌を武道館で聴くことになるのです。

関連する観戦記
8/18 DDT 「武道館ピーターパン〜DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP〜」 日本武道館
オープニング

8/17 DDT 「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」 両国国技館
7:スペシャル6人タッグマッチ
入江茂弘 石井慧介 高尾蒼馬 vs HARASHIMA KUDO ヤス・ウラノ

1/30 鎌倉一番プロデューストゥーマッチ興行
ランブル戦

(リンク先は試合途中から。最初からはこちら)


スポンサーリンク

タグ:DDT 入江茂弘
posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚