2014年11月14日

今日の一枚 その65:いつかどこかで

ts_141111_01.jpg
入江茂弘(DDT)が、KO-D無差別級王座を獲得した際に、
防衛戦を行いたい相手として挙げたのが、高木三四郎と
高井憲吾のふたりでした。

入江は、大阪プロレスのプロレス学校を経て、
高木三四郎が立ち上げたでら名古屋プロレスで
プロレスラーとしてのキャリアを始めました。
同団体が活動休止後、高井が主宰するチームでらで
エースとして活躍、後にDDTへ移籍しています。

入江にとって、高木と高井は非常に重要な人物であり、
彼らとの防衛戦を望んだことは不思議ではありません。

高木との防衛戦は2013年7月に行われています。
しかし、高井との防衛戦は入江が王座を落とした
こともあり、まだ実現していません。

また、入江と高井のシングルマッチは意外に行われて
いないのです。タッグなど他の形式の試合では幾度と
なく対戦していますが、二試合のみ、それも数年前
までさかのぼります。

ts_141111_02.jpg
一度目は2009年3月のでら名古屋プロレス、二度目は
同年12月の土プロDXです。二度目の対決では、高井が
当時名乗っていた「気炎吾」名義になるため純然な
vs高井憲吾としての試合は一度のみです。

入江がDDT移籍してからは、対戦機会も減っていますが、
いつの日か、入江と高井のKO-D無差別級王座戦が
見られる日が来るかもしれません。

関連する観戦記
3/28 でら名古屋プロレス Sportiva Arena
5:高井憲吾 vs 入江茂弘

12/26 土プロデラックス Sportiva Arena
5:気炎吾 vs 入江茂弘

7/6 DDT 「KING of DDT NAGOYA 2013」 名古屋テレピアホール
7:KO-D無差別級選手権試合
入江茂弘(王者) vs 高木三四郎(挑戦者)



スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚