2014年11月03日

今日の一枚 その54:Down The Road

昨日のエントリでは、チームでらからDDTへ移籍した
入江茂弘について書きましたが、今回はその入江に
先立ち、名古屋から東京・全国へ活動の場を移した
杉浦透について書きます。

杉浦は、学生の頃よりプロレスを観ており、
マンモス半田自主興行にも足を運んでいます。
ちなみにその時のメインは、半田 vs Gammaでした。

ts_141103_03.jpg
学生服(シャツ)で観戦に来ている様子が、写真や
当時の映像でうかがえます。

良くも悪くも、名古屋らしいジャンク感あふれる
興行だったためなのか、杉浦はスポルティーバでは
なく、刈谷を拠点とするDEPに入団しています。

ts_141103_01.jpg
その後、新山勝利を相手にデビュー戦を行っていますが、
この試合で放ったドロップキックに勢いがありすぎ、
当たった後に頭から真っ逆さまに落ちて、会場を
驚かせています。

その後、スポルティーバの定期興行にレギュラー参戦し、
影山道雄や彰人、入江などとの若手戦線で成長し、
東京など他団体への出場が増えていきます。

そして、杉浦は最も多く出場していた他団体、
プロレスリングFREEDOMSに2012年5月に移籍します。

ts_141103_02.jpg
写真は、杉浦が移籍直後に出場した、チームでらの
大会からの一枚です。3年半を経て、たたずまいが
新人のものから、若手のそれに変わっていることが
分かります。

杉浦は移籍以降、しばらくは通常形式での試合が
大半でしたが、後にデスマッチ戦線へ参入し、
現在はデスマッチファイターとしてのキャリアを
積み重ねています。

また、杉浦が最初に使った入場曲は、
『Down The Road』(Plain White T's)ですが、
この曲は友や生まれ育った場所に別れを告げ、
新たな道へ踏み出すことを歌った曲なのが
偶然とはいえ興味深いところです。

関連する観戦記
9/20 DEP 3周年大会 刈谷市産業振興センター
1:新山勝利 vs 杉浦透

5/26 チームでら 「プチでらvol.17」 Sportiva Arena
2:田中祐樹 田中軍団選抜選手 vs 杉浦透 蓮香誠



スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚

11/2 プロレスリングHEAT-UP

hu_141102_01.jpg
2014年11月2日に、名古屋市・枇杷島スポーツセンターで
プロレスリングHEAT-UPの「Keep on Dream in 名古屋」を
観戦しました。

同団体は今までスポルティーバアリーナ(閉鎖)での興行は
行っていますが、初めて大きな会場での開催となりました。

5試合が行われ、第3試合の兼平大介デビュー戦を除いた
他の4試合に全て名古屋の選手が参戦・出場しています。

セミファイナルでは米国遠征から戻ってきたばかりの
石田慎也が新井健一郎とシングルマッチを行い、
メインイベントでは、田村和宏と岩本煌史が大阪から
参戦となる、ビリーケン・キッドと織部克巳のふたりと
タッグマッチで対戦しています。

新井健一郎が事前に、この大会で何かが起こる、と
予告していましたが、それは全試合終了後に
起きました。

観戦記はすでにアップロードずみです。

11/2 プロレスリング HEAT-UP 「Keep on Dream in 名古屋」 名古屋市・枇杷島スポーツセンター


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 00:25| Comment(0) | 観戦記録