2014年10月30日

今日の一枚 その50:雨は一人だけに降り注ぐわけではない

プロレスの興行は屋外でも開催されますが、最大の敵は
天候です。特に厄介なのが雨でしょう。

リングが濡れると、マットやロープが滑りやすくなり、
試合に支障が出る場合もあります。しかし、雨が降ったが
ために、期せずして試合が盛り上がることもあります。

写真は2009年に行われた、ZERO1の屋外大会からのものですが、
この試合が進むにつれて、雨が強くなり、メインイベントでは
リングに小さな水たまりができるほどでした。しかし、これが
通常のプロレスでは見ることのできない効果を生み出しました。

ts_141030_01.jpg
この試合に出場した田中将斗の必殺技、スライディングDは
マットを滑りながら放つ弾丸エルボーですが、最後にそれを
放った際に、ちょうど水たまりを突っ切る形になり、水しぶきを
あげながら対戦相手の崔に放っていく、幻想的な技となりました。

ts_141030_02.jpg
また、大分プロレスAMWで炎!修市の引退セレモニーが
行われた際にも、雨が強く降り注ぎ、涙雨のようでした。

基本的に屋外興行での雨は望ましいものではないのですが、
コントロールできないがゆえに、予想外のしかもプラスの
効果をもたらしてくれることがあります。

観戦記
8/1 ZERO1 可児市ZERO1・ニックススポーツクラブ共同駐車場 特設リング
6:田中将斗 vs 崔領二

8/29 大分プロレスAMW 「ビア★プロ2014」 大分市・大分フォーラス屋上ビアガーデン特設リング
▼炎!修一引退セレモニー





posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚

10/28 欠場プロレス

ktp_141028_01.jpg
2014年10月28日に、埼玉県・レッスル武闘館で開催された
欠場プロレス「旗揚げ戦」を観戦しました。

欠場プロレスは正式な団体ではなく、高井憲吾と丸山淳、
ヤス・ウラノの三名が中心となって、欠場者による
擬似的な団体です。

負傷や病気で欠場していると入団し、それが癒え復帰すると
退団、という逆転の発想でメンバーが増減します。
また、欠場していなくても、「非欠場選手」の名目で
参加することは可能です。

旗揚げ戦は、いわゆる通常のプロレスは一試合も行われ
ませんでした。モノマネクイズや、ファイヤープロレスリング
再現マッチ、モビルスーツ戦などが行われています。

チームでらや、大阪プロレスで行われた宇宙戦争シリーズが
関東初進出となりましたが、会場は大いに沸き、最高と
いっていい旗揚げ戦となりました。

観戦記はすでにアップロードずみです。

10/28 欠場プロレス 「旗揚げ戦」 埼玉県・レッスル武闘館


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 17:55| Comment(0) | 観戦記録