2014年10月25日

今日の一枚 その45:たしかにXだけれども

プロレスは独特の表現を数多く持っています。
そのひとつが「X(エックス)」でしょう。

端的に言えば、当日発表の参戦選手、サプライズゲストの
ことですが、プロレスではこの表記方法が伝統的に
用いられています。

ローカルプロレス団体でも、しばしばXが登場することが
あります。スポルティーバの愛プロレス博では、Xとして
様々な選手が登場しています。彰人(現DDT)のデビュー戦
相手がXとのみ発表され、会場で大谷晋二郎と分かった際は
会場にどよめきが起こりました。

小さな規模の興行であってもXが登場することがあります。
2010年1月にスポルティーバアリーナで開催された、
鎌倉一番プロデュース興行のランブル(時間差入場式
バトルロイヤル)で、「X」入場!とコールされて
出てきた選手がこちらです。

ts_141025.jpg
選手名がXなだけの、マンモス半田でした。
X JAPANのYOSHIKIもどき、と呼ぶには酷すぎるクオリティです。
首にコルセットの様なものを着け、ドラムを叩くフリだけして
強引に押し切るのか、と思われましたが、クロスチョップを
放ち、何とか体裁を整えようとしていました。

名古屋で行われるランブル戦では、粗悪なもどきキャラクターの
選手が登場するのが常ですが、ここまで酷いものはそう簡単に
見られるものではありません。

観戦記
1/30 鎌倉一番プロデューストゥーマッチ興行 Sportiva Arena
●ランブル戦



スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚