2014年10月24日

今日の一枚 その44:見上げればレスラー

プロレス観戦は場所によっては、1階席よりも2階席が
見やすいことがしばしばあります。

後楽園ホールのバルコニー席や、先日のエントリでも
紹介した道頓堀アリーナ(閉鎖)などがその例です。

東海地区では、2階席を持つ会場が少なく、愛知県体育館や
クラブダイアモンドホールなど数えるほどしかありません。

ですが、一般客が見られなくても、関係者だけが見られる
特等席を持つ会場ならあります。

現在、プロレスへの貸出は終了しましたがZepp Nagoyaが
その代表例です。同会場は2階席もありますが、ステージ
から若干離れています。

プロレス用のリングは、一辺をステージに付ける形で
設営されるので、ちょうど真横部分の2階席があれば
素晴らしく見やすい席になるのですが、ライブハウスと
いうこともあり、当然席はありません。

しかし、関係者あるいは出演者であれば2階の照明・記録
スペースから観ることができます。

ts_141024_01.jpg
写真は、でら名古屋プロレス旗揚げ戦で、映像を担当した
マッスル坂井が、男色ディーノとともに、会場の様子を
うかがっているところです。

ts_141024_02.jpg
また、愛知県刈谷市産業振興センターあいおいホールも
2階に廊下があり、この会場で頻繁にプロレスが開催されて
いたころは、2階から観戦する選手の姿がよく見られました。

会場の片隅や、入場口から選手が試合をのぞいている姿は
珍しくありませんが、立体的な高さのある会場では、選手が
意外な場所にいるかもしれません。

観戦記
6/7 でら名古屋プロレス 旗揚げ戦 Zepp Nagoya


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚