2014年10月23日

今日の一枚 その43:沼津と富士宮でシンクロニシティ

ローカルプロレス団体でよく見られるのが、ご当地レスラーです。
ご当地レスラーといっても、地元を活動拠点として戦う選手と、
地元の名物をモチーフとした選手とに分かれます。

後者の名物モチーフレスラーですが、興行数が少ない団体の場合は
「中の人」を外部から呼んで、担当してもらうことが少なくありません。

所属選手数が少ない団体の場合は、外部の団体やフリー選手に
プロデュースを委託して開催することが珍しくありませんが、
偶然にも、たまたま、予期せずにキャラクターがかぶる時があります。

沼津プロレスでは、愛鷹(あしたか)牛をモチーフとした
ザ・グレート・アシタカなる選手がいますが、偶然にも
富士宮プロレスでは朝霧(あさぎり)牛をモチーフとした
エンペラード・アサギリなる選手がいます。

ts_141023_04.jpg
ザ・グレート・アシタカ

ts_141023_03.jpg
エンペラード・アサギリ(写真右)

また、同様のケースとして沼津プロレスには商工会で
働く、原&戸田・商工会ダーH2なる選手がいますが、
富士宮プロレスでは"中小企業戦士"宮工作なる選手がいます。
なぜか試合中「カモン、ヤングボーイ!」と同じ
挑発をしていたのですが、理由はわかりません。

ts_141023_02.jpg
原&戸田・商工会ダーH2(写真上)

ts_141023_01.jpg
"中小企業戦士"宮工作

しかし、沼津と富士宮では、魚をモチーフとした選手が
いますが、沼津では海水魚、富士宮では淡水魚とそれぞれ
地勢に応じたキャラクター選手がいるので、同一県内で
あっても違いが出るのが面白いところです。

観戦記
8/2 沼津プロレス 「第24戦 原・浮島ふるさと夏まつり」静岡・沼津市原地区センター
8/23 富士宮プロレス 「第6戦 カム・トゥゲザー」 富士宮市民文化会館 小ホール


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 21:00| Comment(0) | 今日の一枚