2014年10月16日

今日の一枚 その36:目隠し&両手両足拘束下でのプロレス

ts_141016.jpg
これはプロレスの試合です。決して事件現場ではありません。

WWE(WWF)では、エッジが腕を縛って試合をしたり、
サンティーノ・マレラ vs ドリュー・マッキンタイアが
袋をかぶって視界を封じての試合を行ったりと
特殊形式の試合がしばしば行われます。

日本でもDDTが足を縛ったり、WWE同様に目隠しを
したりする特殊ルールでを行うことがあります。

ですが、これらの制限をふたつ同時に行ったら
どうなるのでしょうか?

2013年3月10のプロレス実験団GUYZの興行で
それが実現しました。GUYZはその名の通り、
様々な実験的な試みを行う団体です。

同興行での斉藤HEAT vs 長谷川智也戦で、
戦う両選手がイスに足を縛り付けられ、
手は背後で拘束され、さらに目隠しまで
されてのシングルマッチを行いました。

両者は、激しくもがきますが、ほとんど
動きことができません。にも関わらず、
試合の途中で斉藤がフィニッシュ宣言を
するなど、極めて独創的な戦いになりました。

観戦記
3/10 プロレス実験団GUYZ 「アンコール」 名古屋・日本ガイシホール第3競技場


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 13:44| Comment(0) | 今日の一枚