2014年10月12日

10/11 なら万葉プロレス(奈良)

man_141011_01.jpg

2014年10月11日に、奈良県橿原神宮森林遊苑で開催された
なら万葉プロレスを観戦しました。

「第13回橿原夢の森フェスティバル」内での無料興行と
して行われ、公園内にリングが設置されブルーシートに
座るか、立ち見で観戦する形式でした。

午前・午後に4試合ずつ行われ、午前の部では大阪プロレス
提供試合、タコヤキーダー vs くいしんぼう仮面が
行われています。

写真は、この日デビューのワカクサキッドです。
同団体の所属選手以外にも、鳥取だらずプロレスの選手や、
FFF解散後フリーとなった選手らも参戦していました。

観戦記はすでにアップロードずみです。
10/11 なら万葉プロレス 奈良県橿原神宮森林遊苑


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 14:56| Comment(0) | 観戦記録

今日の一枚 その32:大正天皇の宿泊用施設でプロレス

ts_141012_01.jpg
※クリックすると拡大

皇族が宿泊した施設、それも天皇が宿泊した施設で
大会を行ったプロレス団体はいくつあるのでしょうか?

ローカルプロレスの魅力のひとつに、思いもよらない
場所での大会開催があります。

現在、日本各地のいたる所でプロレスが開催されています。
屋内であれば体育館やイベントホール、屋外であれば
駐車場や公園といった場所で行われることが大半です。

しかし、天皇が宿泊した施設でプロレスが行われるのは
極めて珍しいことでしょう。

写真は北海道の小樽市公会堂です。現在は、公会堂として
使用されていますが、元来は大正天皇の北海道行啓時に、
宿泊用施設として建てられたものですが、後に移築され、
小樽市の指定歴史的建造物指定を受けています。

外部リンク
小樽市公会堂

今年の5月に北都プロレスを観戦するため、小樽市に
行ったのですが、場所は確かめておいたものの、
外観までは調べずに行ったため、同所に着いた時は、
本当にここでプロレスをするのか?と驚きました。

大正天皇の北海道行啓は明治44年(1911年)のため、
移築や修繕が行われているとはいえ、築100年以上
の建物でプロレスを見ることができるとは思いも
寄らない体験でした。

ts_141012_02.jpg
北都プロレスは、この公会堂の地下のホールに
リングを設置し、そこで試合を行っています。

観戦記
5/29 北都プロレス 北海道・小樽市公会堂

スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 00:00| Comment(0) | 今日の一枚