2014年09月20日

今日の一枚 その10:彰人 vs ほうき

ts_140920.JPG
※クリックすると拡大

現在はDDTに所属する彰人ですが、レスラーとしての最初の
キャリアはスポルティーバエンターテイメントからです。

スポルティーバは、キャリアが短い段階でも、どんどん
大物選手と対戦させ経験を積ませていく、という育成方針が
あります。

彰人はその方針を最初に受けた選手です。特に2011年は
1月16日のケニー・オメガ戦を皮切りに、様々な相手と
シングルマッチを行い、大きく成長を遂げた年です。
(主な対戦相手のリストは以下を参照)
東海地区のプロレスラー紹介 彰人

彰人が2011年のみならず、キャリアの中で戦った
相手として、屈指の変わり種が、写真のほうきです。

2011年7月16日の鶴舞マスカッツ特別興行で彰人は
ほうきと初のシングルマッチを行っています。
序盤は体格差が激しく、攻めあぐねる場面も見られ
ましたが、中盤から得意の足への集中攻撃で反撃し、
最後は凄惨なフィニッシュとなった試合です。

この対戦以降、彰人とほうきがリング上で向かい
あったことはありません。個人的に再戦を強く
望むカードです。

観戦記
7/16 鶴舞マスカッツ特別興行 「やるなら今しかねえ」 Sportiva Arena


スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 20:00| Comment(0) | 今日の一枚