2014年08月14日

スポルティーバ(アリーナ)の歴史:7 2014年 アリーナ閉鎖、そして光へ

過去6回のエントリで、スポルティーバ(アリーナ)の歴史を年別に
まとめてきましたが、今回で一旦最終回となります。

まず水曜カレープロレス(仮)は、石田慎也と岩本煌史が、かつての
彰人の様に試行錯誤し、成長する場としての側面が大きくなります。

それに対し、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスが、越えられるわけ
にはいかない、と提起してしばらく、佐藤泰とノリが、若手ふたりと
戦い続ける、いわゆる世代闘争的な時期が続きます。

意地の張り合いが続く中、6月4日の興行で岩本がノリから3カウントを
奪い、シングル戦初勝利を挙げます。これを受け、佐藤はもはや世代
など問題ではない、と終結を宣言し、水曜本来の姿であった、個々の
成長と戦い、個人闘争へ回帰します。

140814_0358.jpg
6/4 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ 第1試合 より
Ustream配信ログ 6/4水曜カレープロレス第一試合

また、これと並行して大阪カレー軍(仮)の月例参戦も続き、タダスケが
米国から一時帰国し参戦、カレーマシン3号やくいしんぼうカレーと
いった新戦力も登場しました。

140814_0546.jpg
3/19 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 Sportiva Arena 第2試合 より
Ustream配信ログ 3/19水曜カレープロレスメインディッシュ

140814_0553.jpg
6/11 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ 第1試合 より
Ustream配信ログ 6/11水曜カレープロレス第一試合

金・土プロでは、昨年制定されながら半年間放置状態の、スポルティーバ
唯一のベルト、Survivor of the Ring Side(SRS)が動き出します。

4月26日の土プロDXで佐藤が勝てば王座封印、石田が勝てば復活の
条件で試合が行われ、佐藤が勝利し封印を宣言します。ただし、
SRS形式自体は続行され、5月31日の土プロDXで小仲=ペールワンと
佐藤泰が同ルールで対戦しています。

140814_0707.jpg
4/26 スポルティーバ 「土プロDX」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ 第3試合 より

140814_1216.jpg
5/31 スポルティーバ 「土プロDX」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ 第3試合 より

6月20日の金プロで、石田がマンモス半田との挑戦者決定戦に勝利、
続く6月28日に佐藤泰から初勝利を挙げ、王座が完全復活します。
そして、7月26日の土プロDXで、ペールワンと石田の王者決定戦が
行われ、ペールワンが第3代SRS王者になります。
※佐藤泰は「番人」を主張し、チャンピオンではなかったため。

140814_1966.jpg
7/26 スポルティーバ 「土プロDX」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ メインイベント より

元々WWEなど海外志向の強かった石田はSRS形式で、一種の刹那的
スタイルを構築し、岩本はハードヒットやIGFなど格闘技色の強い
興行に参戦し、ふたりは新人離れした成長を見せていきます。

しかし、欠場者が相次ぎます。影山道雄が左膝前十字靱帯の手術、
伊東優作が慢性腎疾患、高井憲吾が左足首骨折と、いずれも
長期の欠場期間に入ります。

常に名古屋のプロレスのトップ・最前線にいた高井と、昨年の
「どえりゃつえぇがや2013」でその高井を倒して、名古屋最強の
選手となった影山、石田・岩本・蓮香誠らと未来を嘱望された
「若鯱」のひとりの伊東。彼らの欠場は、大きな痛手でした。
2014年8月現在、この3名中、復帰した選手はいません。

ブランドとしての形が定まった水曜カレープロレス(仮)に対し、
金プロは、水曜勢の参加やSRSルール以外では、軸が定まらず
苦戦が続きました。

しかし、そういった中でも新しい力がまた登場します。
スポルティーバの練習生、市野雄士が6月22日の今池プロレスで
デビューします。30歳での入門ですが、スポルティーバでは
最も短期間でのデビューです。市野はデビュー後からすぐに、
水・金両興行に出場し、先輩たちを追いかけています。

140814_0960.jpg
6/22 今池プロレス 「今池プロレス商店街11」 名古屋・千種文化小劇場ちくさ座 より

苦難が続く中でも、選手たちはスポルティーバアリーナでの戦いを
中心に、他団体に出場することも珍しくなくなってきました。

しかし、7月31日未明、とつぜんスポルティーバアリーナの
閉鎖が発表されます。会場の契約満了に伴ってのことでした。

そして急きょ8月3日に、スポルティーバアリーナ最終興行
「最終日だよ、全員集合!!」が開催されます。
公開スパーリングと8試合という、同会場での過去最多試合数の
興行となりました。

スポルティーバで繰り広げられてきた、様々な要素が次々と
繰り広げられ、スポルティーバのベストアルバム・集大成とも
いえる興行で、事実上の「愛プロレス博2014」でした。

そして、同興行のメインイベントは、アリーナ最終試合は昨年の
愛プロレス博のメインと同じ、石田 vs 岩本が組まれました。
ふたりは最終試合にふさわしく、幾度となく戦った、過去の内容を
越えるベストバウトを見せ、最後は岩本が勝利しました。

140814_3840.jpg
140814_3922.jpg
8/3 スポルティーバ 「最終日だよ、全員集合!!」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ メインイベント より

最後に、スポルティーバ黎明期から支え続けたヤス久保田がマイクを
とり、会場は閉鎖されるものの、誰もプロレスを辞めることはない、
欠場している選手たちが戻ってこられるように、これから名古屋の
プロレスを守り続ける、と述べました。

140814_4332.jpg140814_4428.jpg
同大会 メインイベント終了後

そこで、次回愛プロの開催が発表されます。2015年5月17日(日曜日)
会場はなんと名古屋国際会議場です。斉藤代表がZepp Nagoyaが使えず、
目的が無くなって停滞感のある現状を打破するため、またアリーナが
閉鎖することで終わってしまう、といった印象を与えないため、何より
名古屋のプロレスファンに、ローカルインディ団体が、前例無き挑戦を
することで夢を見せようと呼びかけ、興行は終わりました。

会場は閉鎖しましたが、スポルティーバエンターテイメントは活動を
続け、次の愛プロに向かって選手・スタッフたちは少しずつですが
動き始めています。

このエントリを書いている時点では、2014年9月21日の今池プロレス
(今池まつりで開催される無料イベント、交差点を封鎖しリング設置)
以外の、具体的なプランは発表されていません。

斉藤代表は、スポルティーバアリーナ閉鎖を、「第二章の終わり」と
位置づけていますが、第三章についての言及はまだありません。



とはいえ、デタラメでアナーキー、前例打破ばかりの団体ですので
何かを突然開催することもあり得ます。

次回の愛プロの大会名は「愛プロレス博2015 光」です。

スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 16:01| Comment(0) | スポルティーバの歴史