2014年08月13日

スポルティーバ(アリーナ)の歴史:6 2013年 未来

2013年になり、名古屋のプロレスはさらに大きく動きます。  
1月、DDTへ「留学」の形でレギュラー参戦していた入江茂弘が、
チームでらを退団し、DDTへ正式に移籍します。

その入江がさっそく大きな成果を挙げます。3月20日に開催された
DDT後楽園ホール大会で、ケニー・オメガに勝利し、初挑戦で
KO-D無差別級王者となります。

140813_0951.jpg
3/20 DDT 「Judgement 2013」 後楽園ホール メインイベント より

これに刺激を受けたのか、水曜カレープロレス(仮)、金プロが
活性化します。石田慎也はデビューからほぼ週2試合をこなし、
岩本煌史は週1ペースだったのが週2になり、やや開きつつあった
差を急激に埋めていきます。

水曜日にヤス久保田や影山道雄、TAKASHI(現グラディウス)が
代わる代わる参戦し、石田と岩本は先輩たちとハイペースで
試合を重ねていき、成長に繋がっていきます。

2013年は、この水曜カレープロレス(仮)が、スポルティーバの
ブランドとして躍進、確立していきます。混同を避けるため
水・金それぞれについて流れをまとめます。

まずは佐藤泰が「水曜日のエース」を自称するようになったり、
自己主張をすることが無かったTAKASHIが海外選手の技を
用いることで存在感を出したりしていきます。

140813_0291.jpg
4/17 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 Sportiva Arena 第1試合 より
Ustream配信ログ 4/17水曜カレープロレス第一試合

もちろん、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスやゼヴィウスも
負けじと、巴戦形式のポイントマッチに挑むなど、水曜が
活性化していきます。

特にこの年の佐藤の活躍ぶりは際だっており、後述する
大阪カレー軍(仮)に加入し好き勝手暴れれば、9月25日には
なんと60分アイアンマンマッチまで行っています。

Ustream配信ログ 9/25 水曜カレープロレスメインディッシュ

また、元・三代目えべっさんの菅沼修を中心に、関西の
選手を主に構成される「大阪カレー軍(仮)」の参戦が名物の
ひとつになりました。これは2014年も継続し、ほぼ月例
参戦となりました。

140813_0999.jpg
9/11 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 Sportiva Arena 第2試合 より
Ustream配信ログ 9/11水曜カレープロレスメインディッシュ

金プロは、チームでらや他の興行への繋ぎどまりで終わる
など、方向性が見出せない時期が続き、動員に苦戦します。

しかし、それを逆手にとって、スポルティーバの特徴である、
アナーキズム・デタラメさが反映された試合形式が誕生します。

2月1日の金プロで、影山道雄 vs マンモス半田が、リング外で
のみ決着し、リング上と会場外が場外扱いとなり、さらに
会場内備品の使用が認められる、特殊ルールで行われます。

140813_0255.jpg
2/1 スポルティーバ 「金プロだよ、全員集合!!」 Sportiva Arena 第2試合より

他の会場では出来ない、リング常設スポーツバーだから可能な
この形式は、SRS(Survivor of the Ring Side)ルールと命名され
スポルティーバアリーナの名物ルールとなりました。
3月15日には、全試合SRSルールでの興行まで行われ、SRSルールの
チャンピオンベルトも制定されました。

140813_0490.jpg
3/15 スポルティーバ 「金プロOne Night Stand!〜SRS Rules〜」 Sportiva Arena 第2試合 より

そんな中、「愛プロレス博2013〜未来〜」の開催が発表されます。
会場は、Zepp Nagoyaではなくスポルティーバアリーナでした。
Zepp Nagoyaがプロレスへの貸出を終了し、映像と照明を使った
愛プロの世界観を表現できる会場が無かったため、開催が未定と
なっていた愛プロですが、ホームで行われることになりました。

愛プロ名物の、開場前に入口近辺で行われるスキットが行われ、
なんとエル・サムライが挑むSRS戦、"brother"YASSHIが
ヤス久保田とタッグを組む試合などが行われ、セミファイナルは
彰人 vs 男色ディーノのシングルマッチでした。

140813_0314.jpg
5/25 スポルティーバ 「愛プロレス博2013〜未来〜」 Sportiva Arena 第1試合 より

これは、2011年の愛プロのメインイベントと同じカードです。
彰人は「今伝えたいこと、伝えなきゃいけないことがある」と
このカードを希望したのです。

140813_2069.jpg
同大会 セミファイナル より

そして彰人は試合後、スポルティーバエンターテイメントを退団、
DDTへ移籍することを、自身の口で述べます。

そして、彰人は愛プロレス博を中心に、名古屋のプロレスは
様々な選手たちにより紡がれてきたこと、その続きを紡ぐ
役割を、石田と岩本に託し、メインイベントで戦うふたりを
呼び込みます。

彰人は、2009年の愛プロでデビューし、愛プロを最後に旅立つ
ことを決意しましたが、彰人へのはなむけとなったのは、彰人と
同様に愛プロでデビューしたふたりのシングルマッチでした。

140813_2678.jpg
同大会 メインイベント より

会場こそ小さくとも、スポルティーバの年間最大ビッグマッチの
メインイベントが、デビュー半年の選手同士のシングル戦に
なったのです。

スポルティーバの斉藤代表は、場内実況でしきりに「選手たちの
成長していく様を見て欲しい」と述べますが、ビッグマッチの
メインイベントを、最もキャリアの短いふたりに託せるように
なったのは、スポルティーバエンターテイメントの団体としての
成長の証でした。

石田と岩本が堂々と責を果たし、大会は成功に終わりました。
ここからしばらく、若手戦線が活発化します。チームでらの
生え抜き第1号の蓮香誠、DEPの伊東優作ら4人の若手らが時には
戦い、時には組んで大物に挑む時期が続きます。

石田と岩本の「鶴舞強化合宿」や、久しく行われていなかった、
「愛プロレス博外伝 若鯱」も開催されました。

140813_0829.jpg
10/13 スポルティーバ 「愛プロレス博外伝 若鯱第3陣」 名古屋市千種文化小劇場ちくさ座 メインイベント より

しかし、11月1日の金プロで、ヤス久保田が問題提起を行います。
選手たちに何も変わっていない、と叱責しました。

影山は、それに異論を唱え、ヤスとのシングル戦を望みます。
その舞台は、現時点での名古屋最強選手を決めるノックアウト
トーナメント「どえりゃつえぇがや2013」でした。
2009年に行われた「鶴舞無双」以来の最強決定戦です。

負ければそこで終わり、のシングルイリミネーション式
ノックアウトトーナメントということから、第1回戦から
全て勝負論に立った試合が展開されます。

第1回戦では、蓮香誠がマンモス半田に勝利し、結果を出します。
そして、メインイベントは当然、ヤス久保田 vs 影山道雄でした。
ここで影山は大苦戦の中、勝利します。ヤスは影山を認め、
必ず優勝しろ、とエールを贈ります。

140813_1675.jpg
11/30 スポルティーバ 「どえりゃつえぇがや2013」 Sportiva Arena メインイベント より

影山は、ヤスの言葉を受け、第2回戦では岩本煌史、続く
準決勝では小仲=ペールワンから勝利を挙げます。
そして、決勝は影山にとって恩人であり、間違いなく名古屋の
トップ選手である、高井憲吾との戦いになりました。

140813_2686.jpg
12/27 スポルティーバ 「どえりゃつえぇがや2013」 Sportiva Arena メインイベント より

30分を越える激しい消耗戦の末、影山は高井からついに初勝利を
挙げます。若手時代をともに過ごした彰人、入江茂弘、杉浦透が
なし得なかったことです。

同期といっていい選手たちが次々と東京進出する中、ただひとり
名古屋に残って、戦い続けた影山が名古屋最強の選手の栄光を
手にしたのです。かつて、名古屋のプロレスの「未来」を担うと
期待された選手が「現在」最強になったのです。

2013年は、色んな意味で、過去・現在・未来を象徴する選手たちが
入り乱れて、その中から未来への希望が紡ぎ出された一年でした。

次回のエントリでは、2014年の出来事について記述する予定です。

スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 23:59| Comment(0) | スポルティーバの歴史