2014年08月07日

8/5 スポルティーバアリーナ退去作業

sarena_0032.jpg
2014年8月5日に、スポルティーバアリーナの退去作業に行きました。

斉藤代表の呼びかけで、選手、スタッフ、有志のファンなどに
よって、退去・清掃作業が行われました。

斉藤代表からアリーナ内の撮影許可を得て、作業の様子を記録しました。

sarena_0001.jpg
既にリングは解体され、保管場所へ移送されていました。

CIMG0084.jpg
CIMG0062.jpg
イスやテーブル、什器類も取り払われ、整理・清掃されていました。

sarena_0002.jpg
リング奥の壁です。白い布が簡易スクリーンとして貼られ、
でら名古屋プロレスが活動していた際には、団体フラッグが
掲示されていた場所です。

CIMG0020.jpg
リング脇の階段です。ここから選手が試合をのぞく様子が
時折見られました。

CIMG0025.jpg
階段横のシャッターが開けられていました。

CIMG0004.jpg
CIMG0007.jpg
階段を上がった2階です。選手控室としても使われ、
リングを見下ろすことができます。

CIMG0005.jpg
見下ろした風景です。
リングがあった場所には、様々なものが置かれていました。

CIMG0011.jpg
2階のもうひとつの部屋です。ここも控室として使われ、
スポルティーバやチームでらの興行で使用される映像の
収録場所として、しばしば登場しています。
簡易キッチンが併設されていました。

CIMG0013.jpg
この階段を降り、扉を開けて選手たちはリングへ
向かっていました。

CIMG0014.jpg
ホフ専用ズゴックの残骸です。

CIMG0022.jpg
CIMG0023.jpg
アリーナの裏側です。かつて、闘魂ショップ名古屋店として
営業していた時の名残が見られます。

CIMG0037.jpg
CIMG0038.jpg
CIMG0039.jpg
CIMG0040.jpg
会場表側に設置されていた自動販売機です。

CIMG0046.jpg
映像・音響機器の中枢部分です。
パソコンなどは既に撤去されていました。

CIMG0051.jpg
バーカウンターの内側です。SRSルールの試合ではこの
カウンターも戦場となりました。

CIMG0053.jpg
厨房です。SRSルールでここから持ち出された備品や
調味料が試合に用いられました。

CIMG0056.jpg
ここにイスと机、マイクが置かれ実況ブースになっていました。

CIMG0057.jpg
CIMG0066.jpg
壁や柱には、サインが数多く書かれました。

CIMG0067.jpg
東京03 豊本明長

CIMG0069.jpg
左:ウルティモ・ドラゴン
右:ばってん多摩川(現 ばってん×ぶらぶら)

CIMG0071.jpg
トリプルテイルズ(解散前。華名/紫雷美央/紫雷イオ)

CIMG0080.jpg
お手洗いの扉です。場外乱闘で幾度となく選手が
叩き付けられたため、傷みが見えます。

CIMG0083.jpg
左:葛西純
右:伊東竜二

CIMG0086.jpg
斉藤代表がイベントに出る際、着用していたマスク。

CIMG0090.jpg
テッド・タナベさんのTシャツ。

CIMG0094.jpg
水曜カレープロレス(仮)を支えた、炊飯器と寸胴。

CIMG0061.jpg
ウルトラアイ。

CIMG0095.jpg
屋外スタンド看板。

CIMG0101.jpg
アリーナ表側に掲示されていた看板(小サイズ)。

スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 14:28| Comment(0) | その他

8/3 プロレスリングHEAT-UP

2014年8月3日に、名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナで開催された
プロレスリングHEAT-UP 「さよならありがとうスポルティーバアリーナ
〜終わりは始まりの始まり〜」を観戦しました。

hu_140803_0284.jpg
ダークマッチと本戦合わせて5試合が行われ、ダークマッチでは
渡辺宏志vs佐藤泰の、ほぼ打撃無しのグラップリングマッチの
様な展開が見られました。

hu_140803_0736.jpg
第2試合の、無宿の赤虎 無宿マスク vs 小仲=ペールワン 石田慎也
では、赤虎定番の女性客ナンパに対し、ペールワンと石田が定石外しの
切り返しを見せ、赤虎を困らせています。

hu_140803_1651.jpg
セミファイナルの、岩本煌史 vs 風戸大智では両者が意地を
張り合いつつも、テクニカルな攻防も見られる、単なる若手の
シングル戦以上の内容となっています。

hu_140803_2120.jpg
メインの田村和宏 久保田康裕 vs 新井健一郎 PSYCHOでは、
ヤス久保田が本名名義で試合に臨み、普段のヒールファイトを
抑えつつも、要所要所で細かなインサイドワークを見せました。

また、興行の最後にヒートアップ次回名古屋大会の開催が
発表されました。

観戦記はすでにアップロードずみです。

8/3 プロレスリングHEAT-UP 「さよならありがとうスポルティーバアリーナ〜終わりは始まりの始まり〜」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ

スポンサーリンク
posted by たこ焼きマシン at 12:56| Comment(0) | 観戦記録

8/3 我闘雲舞

2014年8月3日に、名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナで開催された
我闘雲舞「夏の小倉トースト 〜Gatoh-Move Japan Tour.118〜」を
観戦しました。

gtm_140803_0571.jpg
全4試合が行われ、第2試合の小仲=ペールワン 帯広さやかvs 松本浩代 「ことり」
では、松本がペールワンに対し露骨に拒否反応を示し、逃げ回る展開と
なりました。

また、ペールワンは北都プロレス参戦時、陸別町出身と表記されるため
帯広とは北海道コンビとなりました。

gtm_140803_1634.jpg
メインイベントでは、逆エビ固めで捕らえ「しゃちほこ!」と叫ぶ
ことでも失格させられる、「しゃちほこバトルロイヤル」が
行われました。

スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 12:11| Comment(0) | 観戦記録