2014年04月04日

4/4 我闘雲舞(タイ・バンコク)

CIMG1315.jpg
CIMG1775.jpg
今日観戦したのは、名古屋 鶴舞スポルティーバアリーナで
開催された、我闘雲舞(ガトームーブ)の地方ツアー、
『春のサワディーカーツアーIN名古屋』です。

さくらえみがアイスリボンを離脱後、タイ王国のバンコクを
拠点にして設立した団体です。

昨年にも名古屋大会が行われましたが、今回はタイから
男性選手3名、女性選手2名が来日し、名古屋初登場しました。
リングアナもコールをタイ語と英語で行っていました。

全5試合行われ、その内3試合が名古屋vsタイという図式の
対抗戦、シングルマッチ3戦が行われました。

試合の詳細については、後日観戦記サイトの
たこ焼きマシン.com」へアップ予定です。

海外のローカル団体という括りで、観戦した団体に
含めることにしました。

スポンサーリンク
posted by たこ焼きマシン at 22:47| Comment(0) | 観戦記録

プロレス観戦記の作り方 その2:写真サイズ調整

前回は写真撮影について説明しました。

今回は、撮った写真のサイズ調整についての手順を解説します。

私は、CASIO EX-ZR1000(AA)を主に使用していますが、
撮影時の解像度は、2048 x 1536にしています。

設定可能な中で最も低い解像度は640 x 480なのですが、後に
なってもっと高解像度で撮っておけば良かった、と後悔した
ことがあるため、下から2番目の、2048 x 1536にしています。

L版(いわゆる普通の写真サイズ)で印刷するにはこの
改造度で全く問題有りません。

たこ焼きマシン.comの観戦記では、写真のサイズは基本的に
320 x 240に統一しています。

主要なスマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機などで
見るにはこれくらいのサイズが適切かと思います。

240 x 180にすれば、サイトの読み込みが速くなるので
切り替えを考えたこともありますが、回線の高速化と
携帯機器の液晶の大型化が進んだので、320 x 240を
選択しました。

では、具体的なサイズ調整の手順を解説します。

「BTJ32」というフリーウェアを使います。
かつては「縮小専用。」というフリーウェアを使用して
いましたが、BTJ32の方が圧縮率が高いため、乗り換えました。
Windows98/95対応とありますが、Windows7(32bit)で問題なく
使用できています。

ダウンロードは以下のサイトから可能です。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se074357.html

blog_140403_001.JPG
blog_140403_001_size.jpg
サンプルは、2014年3月30日の今池プロレスの写真です。
写真をクリックすると、オリジナルの大きさ(2048 x 1536)で
表示されます。このファイルサイズは904KBです。
クリックすると元々の大きさで表示されます。

blog_140403_002.jpg
これを、BTJ32で変換します。
他のファイルもまとめて変換できるので、変換したいファイルを
選んで、左側のペイン(欄)にドラッグアンドドロップします。

blog_140403_003.jpg
すると、一括処理というウィンドウが出て来るので、
「サイズ変更する」の欄にチェックを入れ、サイズを
幅:320 高さ:240に変更します。

出力先フォルダですが、私の場合は基本的に写真を保存した
ファイルの中に、サブフォルダを作ってそこへ変換した
写真を保存するようにし、観戦記作成が終わった後に、
そのサブフォルダのみを削除しています。

blog_140403_004.jpg
blog_140403_004_size.jpg
OKボタンを押下すると、指定したフォルダの中に縮小された
画像ファイルが作成されます。
解像度が320 x 240、ファイルサイズは60KBまで小さくなりました。
写真をクリックすると、縮小されたファイルが表示されます。

「縮小専用。」の手順についても紹介します。
最新版の「縮小専用 AIR」での手順です。
ダウンロードは以下のサイトから可能です。
http://i-section.net/software/shukusen/

blog_140403_005.jpg
画像サイズの中から、あらかじめ用意されたサイズを選ぶか、
カスタムを選んで指定します。
画像ファイルをドラッグアンドドロップすれば、あらかじめ
指定しておいたフォルダに、小さくなったファイルが保存
されます。

ファイル名の前に好きな文字列を付けることも可能ですので、
「photo_001.jpg」を縮小して「sphoto_001.jpg」などに
することも可能です。

これで観戦記作成の材料の準備は終わりました。

次回は、本文作成に入ります。

スポンサーリンク

posted by たこ焼きマシン at 00:05| Comment(0) | プロレス観戦記の作り方